ナース人材バンクの求人数

ナース人材バンクの求人数も多い

病院はブラック企業なのか?

 

世の中ブラックブラックと騒いでいる事が多くなってきました。
管理職の名の下に残業を長時間させて、管理職なので残業代を出さないところや休日もなく働き詰めというようなところもあるみたいです。
その上給与は労働力に見合うだけのものは全く貰えずという事も多いみたいです。

 

こういうニュースを聞くと思うのは、なんですぐ辞めてしまわないのだろうと思う人は多いのではないでしょうか?
今の時代は長引く不況からの就職難時代が続いています。

 

一度辞めてしまえばなかなか次の仕事を見つける事は大変困難なものになってしまうのです。
大学生の新卒でもなかなか見つからなくて、就職浪人する人も珍しくないのです。

 

このような状況下では、人を雇うということは比較的に簡単になるためにそこにつけこんで薄給で長時間労働をしいる企業も出て来てしまうのです。

 

なかなかブラック企業を就職する前に見つける事は難しい事だと思います。
今ではインターネットの情報も最新のものを調査しながら就職活動をする必要があるのです。

 

看護師が勤務している病院でも似たような状況に陥っているという人もいます。
それは看護師の離職率が他の企業よりも高いからくるものかもしれません。

 

昔は看護師も3Kなどと言われていた事もありましたが、今はブラックと言われる病院やクリニックなどの医療機関があるのかもしれません。
何年もかけて勉強や実習をして取得した看護師という資格なのに、勤務してみれば劣悪な労働環境であってはいけないと思います。

 

少しずつではありますが、医療機関側も労働環境の整備という事で夜勤の実態や残業時間の把握などで調査する事も多くなってきました。
看護師を辞めたり転職する場合の理由として、夜勤や残業のハードがあげられる場合においては病院側も積極的に改善していかなければどんどん離職は進んで行くと思います。

 

また、看護師はほとんどが女性のため女性として長く働ける環境作りも必要なのです。
結婚や出産、子育ての過程においても一度看護師という仕事から離れても研修や実習などにより最新の技術に追いつける仕組みも必要であり、子供を預けて看護師業務ができるような、託児所などの整備も必要になってくるのです。

 

女性にとって夜勤というのは特殊な仕事でしか働く場所はないでしょうが、看護師として病院の病棟の担当になれば避けては通れないものだと思います。

 

夜勤であってもきちんとした休憩が取れるような環境があればまだいいのですが、実態は人数が少ないために座る暇もないような勤務もあるようです。
また人数が少ないので体力的な問題以外にも精神的な負担もかなりなものであると思います。

 

夜勤が多かったり、残業が長かったりでは看護師としても健康的に問題が出てくる人も出てくるのです。
こういった勤務が長く続けば、休日も自分のために使う事が困難になってきたりします。

 

同年代の人が週末に飲みに行ったり、スポーツをしに行って有意義に過ごしていることに比べて看護師は一般の祝日なども勤務する事が多いですし、休みの前日だからといって遊んでいる人も多くはないのではないでしょうか?

 

休日は休息をとるだけで終わるという人も多いと思います。
部屋からあまりでることなくひきこもって寝てばっかりという人もいるみたいです。

 

しかしこれではなんのために看護師として働いているのかわからなくなってしまいます。
患者のためもありますが、やはり自分のために人生を有意義に時間を使っていかなければおもしろくありません。

 

また遊び以外でも自分の看護師としてのスキルアップのためにも、いろいろな資格の勉強をしたい人も入りと思います。
特に勉強は疲れた中ではなかなか持続させて行く事は難しいものです。

看護師としてハードな夜勤や長時間の残業などをしていては、遊びも勉強もなかなか難しいものなのです。
こういった現状から、看護師を辞めてしまって他の職種にチャレンジしてみたという人も当然出てくると思います。

 

実際、せっかく看護師の資格をとっても離職してしまう人が多く、潜在看護師の数も多くなって来ているのです。
辞めてしまうのはもったいないのですが、健康を害してからでは遅いのでそういう選択もあると思います。

 

またプライベートタイムがなくて悩んでいる人も多いようです。
今の病院で満足できない場合には辞める前に他の病院への転職という選択肢も検討した方がいいと思います。

 

今勤めている病院だけがすべてではないのです。
他の病院へ転職して今までの悩みが解決する場合もあるのです。

 

また勤務以外にも給与や手当に不満な人も多い事だと思います。
そういう時であっても、すぐに看護師を辞めてしまわないでまずは他の病院への転職を検討してみましょう。

 

他の病院やクリニックなどの医療施設では、今まで勤めていた病院とは違った勤務体制で給与や手当に恵まれているところが見つかるかもしれません。

 

せっかくとった看護師の資格を、まだまだ有効に使えるところがあるかもしれないのです。
転職するにはナースセンターやハローワークに登録して検索して探す方法と、インターネットから看護師求人サイトに登録して担当者に探してもらうことなどいろいろな選択肢があるのです。

 

 

ナースセンターやハローワークでの転職探し

 

転職をしようと決意したのならばどのような行動をとればいいのでしょうか?
一番いいのは希望する転職先に知り合いが来て、内部情報などが手に取るようにわかれば理想的な転職が出来ると思います。

 

しかし、なかなか知り合いが自分の希望する転職先に勤めているという事も珍しいのではないでしょうか。
一般的に看護師が転職を希望する場合には、看護協会(別名ナースセンター)やハローワークに登録しての転職活動を行う人が多いのではないでしょうか。

 

 

ナースセンターでは、無料で転職先を斡旋しています。
また同時に一旦退職した看護師に対しては、再就職復帰への不安を解消するために最新の知識・技術を学ぶ研修会、臨床研修実施の病院紹介などを行っているところでもあります。

 

基本的にはナースセンターを利用して転職先を見つけるためには、登録した後に自分で検索して希望条件に病院やクリニック等の医療施設を探す事になります。
自分いきたい病院が見つかれば、ナースセンターを介して面接などを行う事になっていくのです。

 

一方ハローワークは、以前は職業安定所と言われていた公的な職業斡旋所になっているところです。
今の時代は、就職難のためにハローワークもいつも人がたくさんいる事が多くなってきました。

 

ハローワークもナースセンターと同様に、登録して自分で検索しながら希望条件に合うところを探すというところはかわりありません。
ただし、ハローワークはナースセンターみたく看護師に特化しているところではなく他の一般職種も紹介しているところなので注意が必要です。

 

職業一般を網羅しているところなので、希望条件での看護師の職場を見つけるにはナースセンターほどの細かな条件を見つけられないかもしれません。

 

検索も自分でインターットまたはハローワークのあるところまで足を運んで調べる事になります。
ハローワークもナースセンターも転職を考えています看護師にとっては、細かな条件での指定が難しいので大まかな条件の合致ということで転職先を探す事になります。

 

これ以外の看護師が転職を考える場合の選択肢としては、インターネット上にある看護師求人サイトがあります。

 

 

「ナース人材バンク」での転職活動について

 

看護師求人サイトはいくつもありますが、ほとんどんがインターネット上から登録できて、すべてのサービスが無料で利用する事ができるところです。

 

その中でも今転職を目指す看護師の間で人気になっているのが、看護師求人サイトの「ナース人材バンク」なのです。
ナース人材バンク」は、公開求人約20万件(全国)となっていますので求人数もかなりのものになっているのです。

 

この20万件は公開求人数であり、他にも非公開の求人もあります。
非公開というのは、病院やクリニック等の医療施設が、好条件の求人を出すにあたりすぐに応募が殺到するあまり非公開として必要な人材をあつめるものです。

 

ナース人材バンク」ではこのような非公開の案件も多数あります。
この非公開案件は「ナース人材バンク」に登録しておけなければわからない求人なのです。

 

年間の看護師離職者15万人に対して、ナース 人材バンク利用者はなんと10万人もいますのでその人気度も大変高いものになっているのです。

 

ナース人材バンク」は、年間10万人以上の看護師さんが利用する、実績No.1の転職支援サービスなのです。
※2009年エス・エム・エス調べ

 

このように他のインターネット上から登録できる看護師求人サイトとの違いや人気の秘密はどういうものがあるのでしょうか?
ナース人材バンク」は地域に根ざしている事がまずは違います。

 

地域毎にキャリコンサルという担当者がいて、その地域の転職事情や病院やクリニックなどの医療施設の求人状態にも精通しておりまた、病院毎の看護師の雰囲気や内部事情等も調査しているので細かな点で他の看護師求人サイトやナースセンターやハローワークのサービスなどと比較してもサービスの行き届いたものとなっております。

 

ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントは、全国の拠点に配置されていたその人数も他の看護師求人サイトよりも多いために、看護師の転職を目指す人の担当としても懇切丁寧なサービスが出来るものとなっているのです。

 

このキャリアコンサルタントは具体的にはどのようなことをことを行っているのでしょうか?
まずは看護師としての転職を希望して「ナース人材バンク」に登録をした場合には、キャリアコンサルタントととの面接があります。

ここで、あなたの希望する転職先の病院等の条件を細かく調査してくれるのです。
ですからここでは本音で何でも伝えておく事が必要になってきます。

 

今までの病院で、夜勤がきついとか残業が長いとかの勤務がいやで、転職をしたいのならばや夜勤がない!残業がない!などの条件を提示するべきです。

 

また、給与や手当が少なかったのならば具体的にいくら以上というように数字で示す事も重要なのです。
この条件提示が細かければ細かい程、キャリアコンサルタントもより自分での病院等の医療機関をふるいにかけて探しやすくなってくと思います。

 

 

もちろんインターネット上で自分で地域や条件などを選択して自分で検索しながら、希望条件に合う医療施設を探す事も可能です。
ただし自分で検索して希望条件に合う転職を先を見つけるという作業は、最初のうちはろいろなところがあってなんだか楽しいのですがだんだん大変な作業である事に気づくと思います。

 

なにせ今はどこも病院やクリニック等の医療施設では看護師不足なので、募集をかけているところはかなり多いのです。
そこを一件一件みていくことは、条件でしぼったにしてもかなりの件数になると思います。

 

また転職を希望している看護師は、その理由が夜勤であったり残業であったりと今の病院がかなりハードなために転職探しをしようとする看護師が多いのです。

 

そのハードな仕事の後に部屋に帰って来てから、地道にパソコンの前に座って検索して行く作業はまた重労働なのです。
仕事から帰って来てからはすぐに寝てしまいたいですよね。

 

しかし、「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントに任せておけば、あなたの希望条件に合う転職先をなにもしなくても見つけてくれるのです。
そのためにも最初のキャリアコンサルタントとの面接は大切です。
自分の今までの病院でどうしてだめなのか、不満な理由はなんなのかということを述べて次の転職先ではこういった勤務体制で働きたいという事を具体的に伝えておきましょう。

 

また大切なお金の話もずばりいくら貰いたいという具体的な金額を伝えましょう!
ここまでくればあとは、キャリコンサルタントからの連絡を待つだけなのです。

 

キャリアコンサルタントからの連絡があって、希望する条件での病院が見つかった場合においてもあせらずにじっくりと考えてみましょう。
少しでも不安に思ったり、不満な事があれば遠慮なくキャリコンサルタントに伝えて次の希望条件に合致するところが見つかるまで待つのです。

 

そしていよいよあなたの希望条件に合致する病院やクリニック等の医療施設が見つかったのならば、相手先との面接という事になるのです。
キャリアコンサルタントはこの面接の日時等の設定もやってくれるので自分では何もする事はありません。

 

さらに面接にあたっては、その対策として病院毎によって面接の質問の傾向などをレクチャーしてくれて事前に対策も出来てしまうのです。
また面接当日は、一部地域によっては同行しない場合がありますが最寄駅で待ち合わせて、求人事業所まで一緒に同行してくれるのです。
かりに知らない場所であっても不安なく面接を受ける事が出来るのです。

 

 

面接時や面接後の病院側との具体的な勤務や給与や手当など、転職を希望する看護師が直接聞きづらい事も「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントはあなたに代わって聞いてくれたり、具体的な条件交渉など希望があればやってくれます。

 

そしていよいよ転職という事になります。
具体的には、求人事業所の捺印付きの雇用条件確認書を確認してあなたが捺印をして「ナース人材バンク」まで返送することで内定となるのです。

 

この書類は、雇用条件を保証する大切な書類となります。
万が一、入職後に書面記載とは違う条件での勤務や給与や手当などに変動があるようでしたすぐに「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントまで連絡しましょう。

 

ナース人材バンク」では入職後においてもバックアップしてくれるのです。
その他にも転職決まった時の以前の病院の退職の手続きや入職の準備なども、「ナース人材バンク」に相談してみましょう!

 

転職をしたいと思っている看護師は数多くいると思います。
また辞めてしまいたいと思っている看護師も多い事でしょう。

 

看護師を辞めたい理由が、夜勤とか残業または給与や手当などによる場合にはすぐに辞めてしまわないで他の病院に移るという事も検討してみてみてください。

 

そして転職する際には、看護師求人サイトの「ナース人材バンク」が便利だという事も頭の片隅にでも入れておいてください。
ナース人材バンク」は、求人数も多くて転職の実績も多くあるところなのです。

 

夜勤のハードな生活は大変なものです。体力的にも精神的にもがたがたになってくる人もいます。
そんな中でももっと楽な勤務であれば看護師の仕事を続けて行きたいという人は多いものなのです。
時間とお金をかけてとった看護師という資格をずっと生かしていくためにも、辞めないで転職であたらく生きて行く道を開拓して行きましょう!

 

 

 

仙台市 27歳

 

いろいろ理由で転職をしたという看護師は多いと思います。
私の場合においては、給与や手当が納得のいくものではありませんでした。

 

看護師の仕事という面では、夜勤もあり残業もありその内容もかなり過酷なものありました。
この過酷さから転職を目出す人が多い事もよく知っています。

 

ただ私の場合においては、最初から夜勤や残業の辛さは覚悟していましたので苦にはなりませんでした。
問題はこのような過酷な労働環境にあるのに、給与が少ないという根本的なものなのです。

 

私の学生時代の同級生は、一般企業の事務職やIT関係の仕事についている人が多いのですが、もちろん夜勤なんてある人はいません。
残業は職種によっては私以上にやっている人もいます。

 

それでもあまり看護師の方がお金を貰っているとは言いがたいのです。
自分的にはもっと貰ってもいいと思っていました。

 

そこで思い切ってもっと待遇のいいところへの転職を決めたのです。
転職先を決めるにあたっては、最初ナースセンターでも探していたのですが自分探すのが億劫になってきて看護師求人サイトの一つである「ナース人材バンク」に登録したのです。

 

ナース人材バンク」を選択した理由は、求人数の多さもさることながら実際に利用している転職を希望している看護師の多さからです。
年間10万人以上というからびっくりですよね。

 

それほど「ナース人材バンク」は信頼されているという事ではないでしょうか。
実際に利用してみても、キャリアコンサルタントという担当者がきめ細かく私の希望を聞いてくれました。

 

希望条件に合う病院が見つかってからも、面接の対応方法なども教えてもらい非常に役に立ちました。
また、相手先の病院に対しても私が気にしていた給与や残業手当などについての条件交渉についても行ってくれて大変助かりました。

 

今現在、辛い思いをしながら看護師という仕事を続けている人は多いと思います。
一カ所の病院に我慢しているよりも、自分では思う以上に自分の希望条件に合う勤務先というものはあるものなのです。

 

ナース人材バンク」は、地域毎に拠点があって地域の病院事情に精通しているキャリアコンサルタントがいるのです。
自分で探すよりもはるかに、時間的にも内容的にも充実した転職先を見つけられると思います。

 

悩んでいるのであれば、求人数や実績も豊富な「ナース人材バンク」で新しい看護師生活にチャレンジしてみましょう。

 

 

33歳 千葉県

 

私は20代の時に一度転職したのですが、結局は最初の病院とそんなに変わらないところだったのでずっとまた転職を考えていました。
最初の病院では、夜勤の休憩時間があまりとれない程の忙しさでまた立ち仕事ばっかりで、足も棒のような感じになっていました。

 

帰って来てもなかなか疲れが取れなくて、疲れが残ったまま次の勤務になりその疲労度はかなりのものがあると思います。
生活もだんだんと不規則な生活になるつれて乱れて行きました。
最初はきちんと自分で料理も作っていたのですが、だんだんと外食やコンビニ弁当ばかりの生活になって行きました。

 

こういう日々が続いていたので、転職して最初からやり直そうと思いました。
夜勤が楽だといううわさを聞いて、次の病院に転職してみたのですが多少は楽にはなったのですが根本的には最初の病院とはかわらないものだったのです。

 

2回目の転職にはさすがにシビアに考えるようになりました。
利用するサービスもインターネットから求人数や実績、口コミや評判なども検索して細かく調べてみました。
その中でいくつかある看護師求人サイトの中で、「ナース人材バンク」というところが求人数も多く、求人件数は20万件で年間に「ナース人材バンク」を利用している看護師は10万人以上という実績があったので決めたのです。

 

ナース人材バンク」の特色は、全国レベルというのではなくて地域毎に精通しているキャリアコンサルタントを配置している事ではないでしょうか。
最初の転職で失敗した私にとっては、表面的な情報よりも病院の内部情報を知りたかったのです。
どのような夜勤体制なのか、残業手当のつき方や休みの取りやすさなど、これらは求人票などではわからないのです。

 

ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントは、病院の内部情報も集めているので実際にその病院に転職してみて失敗したという事があまりないと思います。

 

最初の条件と違ったとしても、雇用条件確認書に基づいてなにかあれば「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントが対応してくれます。

 

私もこういった事を知っていたので安心して「ナース人材バンク」にお任せする事が出来ました。
二回目の転職にして自分の希望に合致した病院への転職が叶いました。

 

これから転職を目指しています看護師の皆さんも、失敗ためにも「ナース人材バンク」をおすすめしたいと思います。

 

 

32歳 横浜市

 

毎日毎日、残業が続いていた以前の病院ではほんとに仕事がハードでした。
次ぎ次と辞めたり転職して行く看護師は多かったです。

 

私もすぐに転職しようと思っていたのですが、すぐに仕事を辞める事は自分のプライドが許さずにずるずると仕事とをすることになってしまったのです。

 

残業時間が長かったり、毎日のように続いて行くと最初のうちは体もついて行けないですが慣れとは恐ろしいもので、だんだんと生活のリズムも残業の体になって行くのでした。

 

しかし、疲れは蓄積されていたようである日からどっと体に変調をきたすようになりました。
ただたんに若かったから持ったのかもしれません。
30歳になったのをきっかけに思い切って転職を目指す事にしました。

 

30歳てまだ若いつもりでいたのですが、若いうちの無理はあとあと出てくるものなのですね。
転職にするにあたり希望条件としては、夜勤や残業ながなくて給与が高いところ(笑)

 

ないとわかっているとはいえ、理想は追いかけたいと思いました。
また休日も以前は全く自由には使えませんでした。
今思えば寝るだけの生活ばかりだったような気がします。

 

看護師以外の友人達は楽しそうに週末に飲みでたり旅行に行ったりして充実していたのも、転職に弾みがついたのかもしれません。
転職にはインターネットから登録できてる看護師求人サイトの一つの「ナース人材バンク」に決めました。

 

求人数や求人件数も多くて、年間利用者は10万以上という実績が目を引きました。
その実績通り、私もすべて希望通りという訳にはいけませんでしたが今住んでいるところから近いところへの転職をする事が出来ました。

 

残業もなくて休みを取りやすくて満足しています。
ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントもすごく丁寧でいい印象をもちました。

 

キャリアコンサルタントの情報力はすごいものがあります。
その地域のほとんどの求人を出している病院にはかなり詳細にデータをもっている印象を持ちました。

 

希望先の病院が見つかってからも、サービスは行き届いていて面接日の設定から当日は駅で待ち合わせて病院まで同行してくれたりもしました。

 

病院との話し合いにおいても、私に代わって聞きづらい事も詳細に渡って聞いてくれて、待遇面での条件交渉もやってなるべくいい条件で転職が出来るようにしれくれました。

 

今では、休日も友人と一緒になって遊べるような環境になりました。
仕事においても充実した日々をおくる事が出来ています。

 

転職によってこんなに職場やプライベートが充実してくる事に自分でもびっくりしています。
今の病院で悩んでいて、転職を考えている人がいるのならば迷わず「ナース人材バンク」をおすすめしたいと思います。

 

私と同じように、転職によって職場もプライベートも充実できる看護師が増えて行く事を願っています。

 

 

失敗しない看護師>の天職について

 

インターネットから簡単に登録できて、無料ですべてのサービス受けられる看護師求人サイトの「ナース人材バンク」は求人件数20万件ということで求人数はかなりなものです。

 

転職を目指す看護師も年間の利用数10万人以上という実績があります。
すべて無料で利用できる理由は、病院やクリニックなどの看護師を求人している医療施設が「ナース人材バンク」に対して手数料を支払っているので応募する看護師に対しては無料での運営が可能になっているのです。

 

今現在、看護師の離職率は年々改善されているとはいえかなり高い状態が続いています。
夜勤や残業などのきつい仕事への不満も離職への大きな原因となっているのです。

 

これらを改善している医療機関もかなりあります。
転職により他の病院へ移る事により離職しなくても看護師としての道を続けて行ける事が可能になっているのです。

 

転職先を見つけるには、ナースセンターやハローワークなどもありますが、おすすめは看護師サイトの「ナース人材バンク」です。

 

ナース人材バンク」は地域毎に拠点があって、キャリアコンサルタントがいますのであなたにかわって希望通りの条件での転職先を探し出してくれます。
夜勤や残業の後の疲れた体で検索して探すよりも、「ナース人材バンク」のキャリアコンサルタントにすべてお任せで希望条件に合致した病院を探してもらえるのです。

 

またその地域の病院にキャリアコンサルタントは精通しているので、心配なる転職をする事が出来ると思います。
転職にあたっては面接に日時の設定から、面接の質問がこの病院ではこういう事が聞かれる事が多いなどの情報もあり大変役に立つと思います。

 

今転職を考えていて、どうしたらいいか迷っている方には「ナース人材バンク」をお勧めできます。
まずはインタネットから簡単に登録できますので、チャレンジしてみましょう。

 

転職はいろいろ煩わしい事も多いのですが、すべて「ナース人材バンク」に相談してみればなんとかしてくれると思いますよ!